失業保険を賢く貰う方法を伝授!ハローワークの活用法

ハローワーク1

失業保険の受給方法

①離職日以前2年間の間に雇用保険に加入していた期間が満12ヶ以上ある
(会社都合の場合は)
離職日以前1年間の間に雇用保険に加入していた期間が満6ヶ以上ある

②働く意思があること

③仕事を探したり、セミナーに出席したりと積極的に仕事を探している

病気や妊娠していたり、働ける状態にない方は、失業保険を受給することが出来ません。

失業保険を貰う手続き ハローワークに持っていく物は?

①離職票
②雇用保険被保険者証
雇用保険

③印鑑(認印可)
④証明写真(3センチ×2.5センチ)3ヶ月以内に撮影したもの
⑤普通預金の通帳(郵便局可)
⑥免許書や住民票など本人確認書類

受給要件を満たしているか確認して、受給資格が決定すると、受給説明会の日時が知らされます。

雇用保険受給者 初回説明会の持ち物

①雇用保険受給資格者のしおり
②筆記用具
③印鑑

この説明会で雇用保険受給資格者証失業認定申告書が渡されます。

失業保険の認定日

4週間に一度、失業の認定が行われます。
指定された日時に、ハローワークに行って、「失業認定申告書」に現況の就職活動の記録を記載します。
そして、雇用保険受給資格者証と一緒に提出します。

基本手当の支給を受けるには……
前回の認定日から今回の認定日の前日までに2回以上の就職活動をしている事が条件になります。

失業保険が増える?残業代に注目!

退職の日が決まっている方!離職日の6ヶ月前から残業を増やしたり、休日出勤をしたり、目いっぱい仕事に没頭しましょう。
失業保険の賃金日額というのは、退職前の6ヶ月間の平均賃金で計算します。
ですから、退職前の6ヶ月間に残業をして残業代を増やすことで失業保険が増えます。

退職する時の年齢にも注目!年齢による給付額の違い

30歳を目前に、最後の転職を考える方もすくないとおもいます。その際に、退職する年齢により失業保険の給付金額に差が出ることを頭に入れておくと良いかと思います。
失業保険では、計算式が15歳区分になっています。
●30歳未満
●30歳以上45歳未満
●45歳以上60歳未満
●60歳以上65歳未満
●65歳以上

この5ステージに区分されています。

1歳年齢が違うだけで金額に差が出ることもありますので、知っておくとお得です。

失業保険についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<痩せたい方にオススメ>

ダイエット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

カテゴリー

最新記事

  1. レシピ 人気レシピ クックパッド オレンジページ
    「今日は何を作ろう?」と悩んだ時…パッと簡単に目的のレシピを検索できるレシピサイト。 「レシピ本を…

ピックアップ記事

  1. レシピ 人気レシピ クックパッド オレンジページ

    2016-12-15

    レシピサイトの人気レシピを検索する方法とは?

    「今日は何を作ろう?」と悩んだ時…パッと簡単に目的のレシピを検索できるレシピサイト。 「レシピ本を…
  2. DMM英会話 お得 ネイティブ

    2016-11-3

    DMM英会話について

    CMでもおなじみのDMM.comが運営する、「DMM英会話」はオンライン英会話では常に人気上位にいま…
  3. 新サービス「smart WAON」!会員登録方法やお得に貯める方法を紹介

    2016-8-29

    新サービス「smart WAON」!会員登録方法やお得に貯める方法を紹介

    新しく始まったサービス「smart WAON」 今までの「WAONポイント」とは一味違う「WAON…
<スポンサーリンク>

渋滞、地図アプリ

  1. 「ETCマイレージサービス」賢く貯めてお得に高速道路を利用しよう!
    最近の高速道路では、当たり前になってきた「ETC(イーティーシー)」 飛行機のマイルのように、ET…
  2. Google Earth(グーグルアース)の始め方
    多様な機能を持ったGoogle Earth(グーグルアース)。 Google Earth(グーグル…

お買い得、節約情報

  1. チラシ アプリ シュフ―(Shufoo!)の活用術!数量限定商品をゲットする方法
    新聞代(朝刊)3000円×12ヶ月=36,000円 新聞をチラシ広告を見るだけに毎月、購読している…
  2. ETCの利用明細発行や高速道路のお得な割引サービスについて紹介
    高速道路などのETCを利用した場合に、利用明細の確認や利用証明書の発行などが出来るのが「ETC利用照…
ページ上部へ戻る